感染症の種類

Site Orders

子供の病気へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

感染症の種類

感染症の種類は大きく2つに分けられます。

子供の病気でどのようなものがあるか見てみましょう。


(1)ウィルス感染によるもの

「かぜ」「インフルエンザ」「風しん」「麻しん」「おたふくかぜ」「リンゴ病」

「ヘルパンギーナ」「プール熱」「突発性発疹」など


(2)細菌感染によるもの

「破傷風」「ジフテリア」「百日ぜき」「結核」「とびひ」「食中毒」など

また、感染方法には次のようなものがあります。

(1)接触感染

ウィルスが付着した食べ物やおもちゃなどを触った手で、

口や鼻を拭いたり、傷口から細菌が入るという感染経路です。


(2)飛沫感染

空気中に飛び散っている(咳やくしゃみ)ウィルスや細菌を

吸い込むといった、人混みや感染している人から入る

感染経路です。

では、実際に主な感染症を例にとり、症状や対処法を見てみましょう。


≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jyoho.bi-channel.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/67

Comment is filled in

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)