子供のかぜ

Site Orders

子供の病気へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

子供のかぜ

かぜとは、ほとんどがウィルス感染症で、人間の細胞内にある核の中に

入り込み、複製、増殖を繰り返します。

入り込む入り口は、「のど」「鼻」「眼」などの粘膜で、

出口は「唾液」や「便」などの排泄物です。


通常は、のどを痛めたり発熱したりした結果、ウィルスに打ち勝ち、

完治できるわけですが、合併症を引き起こしたり治りが悪いのは、

別のウィルスにかかっていることが多く、こうしたウィルスによる

「合併症」には有効な手段をいまだに持っていいないのが現状です。

ウィルスは細菌とは違い、細菌を殺す抗生物質は効きません。

病院で抗生物質をいただきますが、これはかぜの薬ではなく、

かぜに細菌感染が合併したときやその恐れがあるときに必要に

応じて出されるものです。


ウィルスには抗ウィルス薬でないとだめなのですが、インフルエンザ

以外には、かぜウィルスに有効な薬はないというのが現状です。


よって、ウィルスに勝つ、免疫力や環境づくりが最も大事なことと

言えます。

かぜの対策方法は、本サイト内「かぜ対策」に掲載して

おりますので参照してください。

>>>「かぜ対策」<<<

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jyoho.bi-channel.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/68

Comment is filled in

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)