子宮筋腫の現状

Site Orders

子宮筋腫の知識へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

子宮筋腫の現状

子宮筋腫は、成人女性の30%の方が占めると言われる

ほど、患者数の多い病気です。

また、90%以上の方が無症状と言われ、ほとんどの方が医師の

指摘により判明する方が多いのも特徴です。

発症年齢としては、

35才から上昇し、ピークが45〜50才です。

筋腫の80%は35〜50才と言われています。

早い方は10〜20才から筋腫になる方も出てきています。


現在では初潮年齢が低くなり、閉経年齢も高くなっている傾向

もあり、子宮筋腫の発症年齢の幅は

広がっていると言えるでしょう。

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jyoho.bi-channel.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/72

Comment is filled in

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)