検査と経過観察

Site Orders

子宮筋腫の知識へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

検査と経過観察

子宮筋腫を疑われた時は、早めに医療機関に行くことをお勧めします。

子宮筋腫は、良性のものであるため命にかかわるものではありません。

ですが、筋腫が大きくなると、手術が必要とされてくるので、

早めに診断を受けることが望ましいと言えます。

子宮筋腫は発生率の高い病気ですが、ほとんどのものは小さな

ものが多く、即手術とはなりません。


経過観察になる場合は、筋腫があまり大きくなかったり、閉経

が近く大きな変化は起きないだろうと判断できたり、貧血や月経痛など

の症状が重くない、などという場合です。

特に手術する必要はないという状態ですが、定期的にチェックを受ける

必要はあります。

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jyoho.bi-channel.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/82

Comment is filled in

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)