診断までの検査の流れ

Site Orders

子宮筋腫の知識へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

診断までの検査の流れ

以下に診断が確定するまでの検査を簡単に説明します。

@問診

  ・問診表の記入
  ・自覚症状、月経状態
  ・妊娠、出産、中絶の有無  など

  月経に関する内容は、初経年齢・月経周期・最終月経など
  その他月経の出血量や状態が詳しく伝えられるように準備
  しておくことが大切です。
  症状についても、気になることは言えるようにしておきましょう。


A内診

  患者さんにとっては受けたくない検査ですが、医師が骨盤の
  イメージや手術時の難易度をみるためには非常に重要な検査です。

  膀胱に尿がたまっていると内診しにくいため、トイレには
  行っておきましょう。


B超音波検査

  最終的には超音波検査にて判断します。
  子宮の大きさや位置、多きさ、数を調べることができます。

  現在は、内診に引き続き、プローブと呼ばれる超音波発信器を
  入れて診察することがほとんどですが、痛みはありません。


以上の検査で判断できない場合は、「MRI検査」を受けます。

その他、筋腫があると判断した場合には、治療法や更に細かく

調べるために以下の検査があります。

・子宮鏡検査
・子宮卵管造影
・血液検査

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jyoho.bi-channel.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/85

Comment is filled in

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)