手術療法

Site Orders

子宮筋腫の知識へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

手術療法

子宮筋腫で手術がすすめられる場合

・貧血や圧迫などの症状が強く、筋腫を取らないと治らない場合
・妊娠希望で、不妊の原因が子宮筋腫であろうと判断できる場合
・筋腫が大きくなる可能性がある場合
・悪性の腫瘍と疑われる場合    

などがあります。

手術には、子宮をすべてとる「全摘術」と筋腫のみをとる「核手術」

があります。

手術方法には、おなかを切る「開腹手術」と

おなかを切らない「腹くう鏡手術」「子宮鏡下手術」などがあり、

それぞれのメリットデメリットはありますが、


選択のポイントとしては、

筋腫の大きさと位置」
「妊娠」
「傷跡」
「入院期間」

などが関わってきます。

医師と十分な相談の上、判断することをお勧めします。

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jyoho.bi-channel.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/91

Comment is filled in

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)